東北の紅葉 おすすめ名所情報 見頃は?

紅葉の季節真っ盛りの今、東北の各地ではすでに色褪せ始めた所も。

これから東北方面へ紅葉観光に出かける予定の方のために、ちょうど程よく見頃を迎える名所をご紹介していきたいと思います。

スポンサードリンク

まだまだ紅葉を楽しめる紅葉の名所!

山寺立石寺(山形県)

山形県の人気紅葉スポットである立石寺は「山寺さん」の愛称で親しまれ、松尾芭蕉が訪れた場所としても有名で、現在も石碑などが置かれています。

境内の中は広く、展望台になっている五大堂からの景色は最高です。

10月26日~11月9日(18:00~21:00)の期間はライトアップもあります!

専用駐車場はありますが、それほど大きくはないようなので、電車がおすすめ。

最寄りの立石寺駅にある展望台から見る山寺の全景も素晴らしいですよ。

見頃・10月下旬~11月中旬

角館(秋田県)

秋田県の中の小京都と言われる角館では、古くからの街並みを守り、大切に保存されてきた武家屋敷と紅葉という風情ある景色が楽しめます。

数か所ある武家屋敷は内部公開されていて、お庭も眺めることができます。

武家屋敷通りでは10月17日~11月30日(16:30~22:00)の期間、ライトアップを開催! 幻想的な夜の紅葉が印象的です。

駐車場は多く用意されていますが、近くはすぐに埋まってしまうことも。

最寄りの角館駅からも徒歩圏内なので、電車の利用がおすすめです。

見頃・10月下旬~11月中旬

雪割渓谷(福島県)

ドライブで紅葉観光するなら、福島県にある雪割渓谷の眺めを楽しんで下さい。

山々が連なった豊富な自然が一斉に色づき、ドライブ中の窓からの景色は右も左も鮮やかな紅葉樹木に囲まれて圧巻。

真っ赤な紅葉よりも黄色~オレンジの穏やかな紅葉が好みの方におすすめ!

渋滞は特にないようです。スピードの出し過ぎには注意して下さいね。

見頃・10月下旬~11月上旬

湖と紅葉の競演!これから見頃を迎える名所

十和田湖(青森県)

東北の紅葉スポットの中でも人気の高い十和田湖は青森県に位置しています。

穏やかな湖の青と色づいた樹木のコントラストは一見の価値ありです。

駐車場に早めに車を止め、レンタルサイクルを活用すると便利です。

混雑は毎年起こるようで、期間限定で道路規制もされているので事前にチェックが必要です。できれば平日の観光がおすすめ。

10月25・26日にはパワースポットとして人気の高い奥入り渓流をじっくり散策できるイベントも開催されます!

(問い合わせ先:奥入瀬渓流エコツーリズムプロジェクト)

見頃・10月中旬~10月下旬

長老湖(宮城県)

宮城県にある長老湖では、湖面に映るカラフルな紅葉が見られます。

南蔵王山麓に位置しているので、山々に囲まれた完全な自然空間。

ボートからの景色もまた見物で、デートにもおすすめの紅葉スポットです。

混雑を避けたい人には穴場と言える名所かもしれません。

10月25日には七ヶ宿ダムの周りを一周するウォーキングイベントも!

(料金1000円/問い合わせ先:宮城県七ヶ宿町ホームページ 最新情報より「七ヶ宿湖一周ウォーキング2014 参加者を募集します!」)

見頃・10月中旬~11月上旬

気を付けて! 今年の見頃が終わった名所

毎年気候の差によって10月中旬の現在、紅葉の見頃時期は変わってきます。

間違えて見頃を過ぎた場所を訪れないよう、お知らせしておきますね。

  • 八甲田山(青森県)
  • 磐梯吾妻スカイライン(福島県)
  • 八幡平(岩手県)

こちらの三か所はもうすでに色褪せているとのこと。

ちょうど見頃、という場所がたくさんあるので、

そちらで紅葉観光をたっぷりと楽しんでくださいね!

スポンサーリンク