結婚式のスーツは何を選べばいいの? 色や小物の選び方は? マナーは?

冠婚葬祭と言えば、人生の中の大イベントを指す言葉。

元服、結婚、葬式、その他お祝い事…。

これらのイベントは人生の節目ですので、日本人としてキチンとした態度で臨みたいものですね。

さて、今回はその中でも、結婚式の服装とマナーに着目したいと思います。

※なお、女性の服装についてはこちらの記事をご覧ください。

結婚式のゲストドレスはどんなものを選べばいいの?

結婚式に参列する時の髪型ってどうする?

スポンサードリンク

結婚式の服装

結婚式

スーツ

まず服装ですが、男性の場合はスーツが最も無難でメジャーであると言われています。

色や柄に関しても、フレキシブルに選んでもらってOK!

お葬式とは違い、服装に関する決まりごとは少ないため、自分なりのおしゃれを楽しんでも良いのです。

ただし、一つだけ守らなくてはいけないのが、新郎よりも目立ってはいけないという点。

当日の新郎の服装が分からない限り、黒やグレー系の控えめなものを着ていくことが無難でしょう。

また、男性の場合は昼と夜とで服装が異なります。

昼はディレクタースーツ、夜はタキシードが正式なものであると言われています。

ブラックスーツを選んでおけば昼夜関係なく着ることが出来ます、そちらの方が便利なので覚えておくことに損はないでしょう。

 ネクタイやその他の小物は?

ネクタイに関しては、白かシルバーと昔から言われています。

ただし、現代の若者にとっては少しダサく感じるようです。

スーツが控えめな色であるなら、ネクタイはビビッドなものを選んでみましょう。

年配の方が多い式ならば、控えめなものを選んでみたほうが良いのですが、一点明るい色が加わるだけで、全体の印象が締まって見えるということを覚えておくといいでしょう。

また、チーフやネクタイピンに関しても、あまりゴチャゴチャ付けていると見栄えはよくありません。控えめな感じがやはり無難なようです。

 サイズも重要

次に重要なのがサイズです。

このような礼服を着ることは年に数回程度、自分の体系に合わなくなってはいませんか?

体型に合わないものを着ていると非常に不自然に見えてしまいます。

ここを押さえておくだけでもカチッと決まっているように見えるので、それだけでおしゃれに見えますね。

 結婚式のスーツに合う靴の選び方

新郎新婦

スーツとネクタイを決めたら、次は靴を合わせましょう。

靴は紐のついたものを選ぶのがマナーとされています。

色に関してはカッチリした決まりはありませんが、スーツの色に合ったものを選びましょう。

式でスピーチや出し物等で人前に出る際には、やはり黒系のものが良いとされています。

人前に出ないのであれば茶系の明るい色を選んでもいいかもしれません。

次に柄は、派手な装飾がついていたり、ワニ革のものはやめておきましょう。

 まとめ

結婚式の主役はあくまでも新郎新婦です。

自分が目立つことばかりを考えてはいけません、あえて控えめな服装で参加することによって自分の奥ゆかしさをアピールするのが最善の策ではないでしょうか。

 

※なお、結婚式に関する記事はこちらもご覧ください。

結婚式の招待状が届いたら…結婚式参列のマナー【まとめ】

 

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ