卒園式のママスーツおすすめコーディネート 入園式との違いは?

春は卒業・入学のシーズン。幼稚園、保育園では、お母さんやお父さんの付き添いもいい思い出になりますね。

多くは、お母さんが付き添われることと思いますが、もう着ていくものは決まりましたか?

まだお洋服選びにお悩みのお母さん向けに、特に卒園式の「スーツ」についてご紹介してみます。

スポンサードリンク

卒園式と入園式で異なるドレスコード

卒園式

園によってはガイドラインが決まっているところもあるでしょうが、そうしたものがない場合、多いのはやはりスーツです。

ところで、スーツの色選びは、入園式と卒園式では基準が異なります

入園式は我が子を祝う場なので、ベージュやピンクなど明るい色のスーツを選ぶお母さんもいらっしゃいますが、卒園式では、黒をベースにしたコーディネートがほとんど。バリエーションとしても、紺、グレーなど抑えた色味のものが好まれます。

これは、卒園式が「卒業証書授与式」という入園式よりも格式の高い儀式の場であると同時に、お世話になった園の先生や職員の皆さんとの「お別れ」の場でもあるからで、明るい色のお祝いモードは浮いてしまいがちなので注意しましょう。

卒園式には「準礼装」「略礼装」

大まかには卒園式のドレスコードは「準礼装」「略礼装」と言われており、具体的には、スカートスーツ、ワンピース、パンツスーツでもOKです。スカート丈は膝が隠れる程度で長すぎないものを、ワンピースが腕の出るデザインなら、ジャケットを羽織りましょう。

また、生地はあまり光るものでなければ、ジャケットとスカートやワンピースを異素材で組み合わせるなどしておしゃれに装うこともできます。

ただ、地域や園ごとに、卒園式の雰囲気は違ってきます。ブラウスの白も目立ってしまうような「黒」重視のところもあるようです。

既に卒園式を終えられた先輩ママや、直接園に確認するのでも良いので、前もってその園の雰囲気を確認しておくといいでしょう。

また、一緒に卒園式を迎えるお友達のママから情報収集してもいいですね。

スーツ選び、おすすめのブランド

百貨店に入っているようなブランドであれば、コムサデモード、23区、組曲、自由区などが好まれているようです。

また、これを機にブラックフォーマルを購入するのもいいかもしれません。1着あればなにかと困らないものですし、実はとても機能的です。

スーツであれば、着こなしによってアレンジできるデザインのものも色々ありますし、年明けにはバーゲンにもなりますから、ブラックフォーマルの売り場を覗いてみましょう。

もっとお手頃に購入したいという方は、通信販売を利用するといいでしょう。

通販大手のベルメゾンやベルーナでは、コサージュやブラウスも付いた4点セット、6点セットなどが、2万円台から販売されています。

【動画 通販スーツの例】

ちょっとおしゃれにアレンジ

ベースは黒で、おしゃれに見えるアレンジを、ということであれば、ジャケットとスカートやワンピースの素材が違うものを選んだり、黒でも細かな千鳥格子の柄やモノトーンの柄物であったりすれば普段のお出かけにも活用しやすいですね。

また、スカーフなどで変化をつけることもできますし、バッグやパンプスもきちんと感のあるものであれば、デザインの入ったものでもいいでしょう。

【動画 フォーマルシーンのスーツ集】

スーツアレンジの定番「コサージュ」の選び方・付け方

卒園・入学式のスーツアレンジでは、定番のおしゃれがコサージュです。

選び方のポイントは、まず素材がフォーマルなものであること。シルクやシフォンをベースにしたものがいいでしょう。コットンや麻などはカジュアルに見えてしまうので適しません。

ちょっと個性を出したいなら、ミックス素材をエレガントに組み合わせたものも販売されています。

渋谷に工房がある「アトリエ染花」のコサージュは、百貨店でも取り扱いがあり、個性的かつ上品なデザインなのでおすすめです。

スワロフスキーやビジューなどが部分的に使われていても、全体の雰囲気がフォーマルよりであればOK。プリザーブドフラワーのコサージュなどもいいですね。

【動画 プリザーブドフラワーのコサージュ作品集】

次に色選びですが、卒園式ではベージュや薄いピンク、オフホワイトなど、黒系のスーツに華を添える穏やかな色合いのものが適しています。

ブルーやパープル、ボルドーと言った、濃い色やはっきりしすぎた色合いのものは、黒系のお洋服と合わせると重たくなりがちですし、不必要に派手になってしまう場合もあるので避けたほうが無難です。

付け方のポイントは「目を向けたい位置」につけること。スーツであれば襟もと、ワンピースであれば胸元になりますが、ちょっと高めの位置につけると、きちんと感もあり、全体に脚長効果も出てスッキリ見えます。

また、白系の色が顔周りにあると、顔映りがよく見えます

 

幼稚園・保育園の入園式ですと、20代・30代の若いママが多いので、コーディネートも黒なら黒なりに若く華やかになるでしょう。40代のママなら、いつもより少し華やか目、明るい気持ちになるコーディネートを心がけるといいかもしれません。

大切なのは、お世話になった園の先生方や一緒に園に通った同級生のママたちに失礼のないよう、お子さんの成長を喜べること。ここを抑えておけば、あまりハズしたコーディネートにはならないのではないでしょうか。

 

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ