縮毛矯正 値段の違いは? おすすめサロンの見つけ方

くせ毛をきれいなストレートにしてくれる縮毛矯正。

出始めの頃は5万円など高額でしたが、縮毛矯正の普及や機材・薬剤の進歩にともなって、料金も落ち着いてきました。しかし、5,000円から3万円程度と、サロンによって金額に開きがあります。

この違いはどこから来るのでしょう?

また、良いサロンを選ぶコツはどんなところにあるのでしょうか。

今回は縮毛矯正についてのお話です。

スポンサードリンク

縮毛矯正の種類

一口に縮毛矯正と言っても、サロンが使う機材・薬剤は様々で、多種多様なメーカーがそれぞれの良さを主張しています。

商品名で言うと、Mr. ハビット、リペア、リシオ、スーパーSARAなどが代表的です。また、サロン独自のものを含めると数えきれないほどの種類があります。

くせのある髪は、表面が真っ直ぐでなくデコボコしています。

主にアルカリ性の薬剤と熱で髪を形成しているタンパク質の結合を一旦分解し、アイロンやドライヤーの熱でデコボコを真っ直ぐに伸ばします。その後、まっすぐに形成しなおした髪の形が崩れないように別の薬剤で処理するというのが、縮毛矯正の大まかな工程です。

ただし、熱を加えてデコボコを真っ直ぐに伸ばす工程で、髪を挟んで伸ばすアイロン、ドライヤーによるブロー、アイロンとドライヤーの併用、といった違いがあります。

一般に、アイロンを使用する方法は矯正力が高く、強いクセのある髪に適しています。ドライヤーをメインに使用する方法は、矯正力はアイロンほどでない代わりに、毛先まで針のように伸ばすのでなく、自然な仕上がりになります。

【縮毛矯正サロンバーチャル体験】

縮毛矯正の料金の差

縮毛矯正の料金としては、指名料なども込みで1万円程度からが安心できるラインでしょう。

薬剤自体は、多少の価格の差はあっても、薬事法によって使ってよい成分や濃度が定められているので効果にそれほど差はありません。同じサロンの中で縮毛矯正に複数のメニューがある場合には、トリートメントのランクなどの違いによることがほとんどです。

その代わり、縮毛矯正の仕上がりの優劣を大きく左右するのが、スタイリストさんの技術と知識です。

縮毛矯正の専門店も増えていて、サロンによって採用している工程は異なりますが、縮毛矯正をきちんと仕上げるには、アイロンやドライヤーの扱い、髪質と薬剤の相性など、それぞれの工程に関する深い理解と、技術の蓄積が必要なのです。

レベルの高い仕上がりを求めるには、そうした教育に力を入れているサロンを探さなくてはなりません。

つまり、縮毛矯正の料金の差は、スタイリストさんの技術と知識の差と言えます。

【縮毛矯正アイロンテクニックの例】

【縮毛矯正で失敗した髪を治す】

良いサロンに出会うには?

施術前のカウンセリングが丁寧なサロン

スタイリストさんの熟練度を一般のお客さんが見分けるのは難しいですが、まずは施術前のカウンセリングを丁寧に行ってくれるサロンを探しましょう。

縮毛矯正には、お客さんの髪質やイメージする仕上がりなど、詳細なカウンセリングが不可欠です。カウンセリングに時間をかけないサロンは避けましょう。

ご存知の方も多いと思いますが、縮毛矯正は、髪に多かれ少なかれダメージを与えます。ですから、やり直しなどで何度も施術をすることがないように、サロンは慎重に選びましょう。

カットやカラーでサロンのセンスを知る

初めてのサロンなら、いきなり縮毛矯正をオーダーしないで、カットやカラーなどでカウンセリングや技術のレベル、そのサロンのスタンスを見極めるのがいいでしょう。担当のスタイリストさんの得意分野を、会話の中で訊いてみるのもよい方法です。

予約時に電話で、希望の仕上がりにできるかどうかなどを相談することもできます。要望や質問に丁寧に対応してくれるサロンなら、サロン全体のレベルにも期待が持てます。

一人のスタイリストが担当するサロンは良い

美容室

一つのポイントは、薬剤塗布やアイロン、ブローなどを、一人のスタイリストさんが一貫して担当してくれるところを選ぶことです。

先に書いたように、アイロンやドライヤーの扱いの技術は繊細で、個人差が出やすいものです。一つの工程を2人、3人がかりで施術すると、仕上がりにバラつきが出がちです。

一人の担当者に通してやってもらえるか、尋ねてみましょう。

口コミ情報の活用

インターネットのサロンのウェブサイトや、口コミサイトの情報も活用しましょう。

ウェブサイトに仕上がりの写真を掲載しているサロンなら、施術後のイメージもし易いですし、写真を指定して、同じ仕上がりにしてほしいと要望することもできます。

ブログに技術に対する熱意を書き込んでいるようなサロンだと、そのスタイリストさんに担当してもらいたくなりますよね。

口コミは、サロンのウェブサイトのものよりも、ネット予約検索のできる総合サイトのものがいいでしょう。どのスタイリストさんが担当したかがわかる口コミもありますので、参考にするといいかもしれません。

 

良いサロンに出会うために…

縮毛矯正にかぎらず、サロン探しは相性の良いスタイリストさんとの出会い探しです。

口下手で質問や要望が苦手という方でも、話を引き出してくれて、希望の仕上がりにしてくれるスタイリストさんのいるサロンを探してください。また、髪がしっかり根本から伸びていなさそうとか、薬剤が染みる、など、施術中に違和感を感じたら、すぐその場で伝えるようにしましょう。

万が一、髪にトラブルが起きるようなことがあれば、場合によっては返金してもらえますので怖がらずにサロンに相談しましょう。

スタイリストさんとのコミュニケーションをスムーズにするには、やはり仕上がりのイメージをはっきりさせて、こちらからきちんと説明することも大切です。

長くお付き合い出来るような、良いサロンに出会えますように!

 

 

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ