ロングニットで秋冬のお洒落に差をつける!

寒いシーズンになるとついつい暖かいアウターを一枚着てそれで終わりという方が多いですね。しかし、それだと着回しも出来ませんし、せっかく重ね着を楽しめる季節なのにお洒落が出来ないのは勿体無いですよね。

今回はそんな秋冬にピッタリなお洒落アイテム「ロングニット」の着回しについて考えていきましょう。

スポンサードリンク

コーデしやすいロングニットの選び方

ロングニットはレディースに人気の高いアイテムですが、最近はメンズのコーディネイトにも取り入れられています。
秋にはTシャツにロングニットで軽く合わせることが出来ますし、その中にシャツとパーカーやカーディガンなどを重ねることによって冬でも着られるというのがとても嬉しいですね。

初めてのロングニット購入の場合はグレーカラーのモノが着回し易くてオススメです。
秋などは暖色系のシャツやパンツなどが多くなってくるかと思いますので、そこへグレーのアイテムを合わせると全体的にバランスがよくなるので色々なアイテムと組み合わせやすくなるのがとても便利です。

また、ちょっと周りと差をつけたいアナタにはビビッドな青系のロングニットなどもオススメです。
特に冬場などは、全身をモノトーンのパンツやパーカーなどで合わせて、最後の仕上げとして青ロングニット、そこへ色の合わせとして帽子も青ニットにしたり靴を青系で合わせると更にオシャレ度が高くてナイスですね。
サブカルテイストの強いスタイルを作る時にも活躍しそうなアイテムです。

変わり種ではありますが、ボーダー柄や今トレンドでもあるミリタリー柄のロングニットなどもあります。
これらはグレーカラー等のアイテムに比べて着回しのし易さは劣りますが、それだけ個性的なアイテムなのでコーディネイトの主役になりえるインパクトがありますのでチャレンジしてみるのも面白いかも知れません。

ロングニットの着こなし術

ロングニットを着る時のポイントなのですが、あまり全体的にルーズな丈のアイテムを並べるのはダラしない印象を与えてしまうので良くありません。
一番オススメなのはパンツをタイトなスリム系のタイプにしてバランスを取るコーディネイトですね。
その際の足元は綺麗目のローテクスニーカーやローファーなどでも良いですし、ボリューム感のあるブーツやハイテクスニーカーでもアリなので好みや気分に合わせて変えてみましょう。

以上のようにとてもお洒落度の高く意外に使い勝手の良いロングニット、まだ手に入れたことが無いという方は是非今年から自分のコーディネイトに取り入れてみてくださいね。



スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク