インフルエンザ予防接種って効果あるの?

冬になるとインフルエンザの予防接種を受けるよう勧められることがあるでしょう。
学校での集団予防接種こそ無くなりましたが、冬に受験を控えている人などは接種を強く勧められたことがある人もいるのではないでしょうか。

しかし予防接種は、本当に効果があるものなのでしょうか。

スポンサードリンク

予防接種の効果

実は、インフルエンザのワクチンには、「感染」を抑える働きはありません。
感染とは、ウイルスが口や鼻から体内に入り、体の中で細胞に侵入して増殖することをいいます。
体内でウイルスが増えると、数日の潜伏期間を経て、発熱やのどの痛みといったインフルエンザの症状が現れます。この状態を「発症」または「発病」といいます。
ワクチンには、この「発症」を抑える効果があるといわれています。

もう一つのワクチンの効果は、インフルエンザの「重症化」を防ぐことです。
インフルエンザが発症しても、多くの人は1週間程度で回復します。しかし中には肺炎やインフルエンザ脳症などの重い合併症が現れ、入院を必要としたり、死亡したりするケースもあります。これをインフルエンザの「重症化」といいます。
とくに幼児はインフルエンザ脳症にかかる危険性が高く、また基礎疾患のある人や高齢者は重症化する可能性が高いと考えられています。

厚生労働省のホームページには、同省の厚生科学研究班による「インフルエンザワクチンの効果に関する研究」の報告が掲載されています。
その内容は、65歳以上の健常な高齢者については約45%の発病を阻止し、約80%の死亡を阻止する効果があったというものでした。

このように、インフルエンザワクチンは、接種すればある程度の発病を阻止する効果があり、またたとえかかっても症状が重くなることを阻止する効果があります。

ただし、この効果も100%ではないことに注意が必要です。

季節性インフルエンザワクチンは、ワクチンの予防効果が期待できるのは接種したとき(13歳未満の場合は2回接種したとき)の2週後から5カ月程度までと考えられています。そのため、流行前にワクチン接種を終えておかないと、予防効果が期待できないこともあります。
またインフルエンザワクチンの接種では、SARS(重症急性呼吸器症候群)や、ヒトに感染例が認められている鳥インフルエンザ(A/H5N1亜型)、他のウイルスによる風邪(かぜ症候群)にも効果はありません。

リボン

インフルエンザ予防接種のマイナス面

気を付けたい「副反応」

一方でよく心配されるのは、ワクチンを接種することによる「副反応」です。
副反応とは、ワクチンを接種したとき、「免疫がつく」というワクチンの目的以外の反応がみられることで、一般的にいわれる「副作用」とは区別されます。
季節性インフルエンザで比較的多くみられる副反応として、接種を受けた人の10~20%に、接種した場所の赤み、はれ、痛みなどが、5~10%の人に発熱、頭痛、寒気、だるさなどが見られます。どちらも通常は2~3日で症状がなくなります。
このほか、まれにワクチンに対するアレルギー反応、重い副反応や、数件の死亡例もあります。

予防接種と自然感染の免疫

もう一つ、予防接種で得られる免疫は長期間続くものではなく、またワクチン接種時に流行が予想された型にしか有効ではありません。
それに対して、自然感染によって得られた免疫は、変異したウイルス型にも効果をもち、しかも思った以上に長期にわたって保持されているという研究もあります。

このことからすると、予防接種は接種した「その年」の発症を抑える効果はありますが、自然感染したときに比べて、逆に次の流行時に感染する確率が高くなるという考え方もあるのです。

インフルエンザの予防接種に関してはいろいろな見方もあり、細かな点までまとめることは難しいですが、メリットともにデメリットもあるようです。予防接種を考えている方は、その両面を考えて接種するかどうか決めたほうがいいようです。

スポンサーリンク