桜えびの旬を本場由比で楽しもう!!桜えび祭りも開催

桜えびとは?

桜えびは体長4~5センチの小型のえびです。

生の場合ほんのりとピンク色をしており、そのため桜えびと呼ばれるようになったという説もありますが、茹でたり干したりすると濃いピンク色に変わります。

桜エビ漁があった翌日、富士川の河川敷で桜エビの天日干しが行われるのですが、富士山を背景に河川敷が一面ピンク色に染まりる光景は圧巻です。

スポンサードリンク

【動画 富士山と桜えびの天日干し

食べてもおいしい桜えび

もちろん、桜えびは見た目が美しいだけでなく、食べてもとてもおいしいものです。

全国的には干し桜えびとしてお好み焼きやチャーハン・えびせんべいなどに入れたりして召し上がることが多いと思いますが、地元では生食したり釜揚げの状態のものを食べたりするほか、かき揚げにして楽しむことも多いです。

なお、生食する際桜えびのひげが口に残るのが難点だったのですが、最近はひげを取り除く技術が出来たようで、あまり気にならなくなりました。ちなみに取り除いたひげはえびせんに入るのだそうです。

桜えびの産地は?

駿河湾の恵み

ところでこの桜えび、日本では駿河湾と相模湾にしか生息していません。しかも、相模湾には商業的な漁が成り立つほど生息していないため、実質的に日本産の桜エビと言えば100パーセント駿河湾産という事になります。

なお世界的にみると、ほかに台湾近海にも桜えびは生息し、漁も行われています。

深海に生息

桜えびは、日中は水深200~300メートルの深海を泳いでいますが、夜間は水深20メートル程度まで浮上してきます。そのため、桜えび漁は桜えびが浮上してきた夜間に行われるのです。

駿河湾は水深2500メートルと日本で一番深い湾です(なお、2番目は相模湾の1500メートル)。このような深海という自然環境が生んだ恵みのひとつが桜えびなのです。

なお、桜えび漁で有名なのは静岡市清水区の由比港ですが、ほかに大井川港でも漁が行われています。

【動画 由比港漁協の桜えび】

桜えびの旬はいつ?

桜えびの漁期は年2回

桜えびは1年中漁ができるわけではありません。

漁期は3月終わり~6月初め10月~12月までの年2回です。なお、6月11日~9月30日の期間は繁殖期のため禁漁なっています。また、冬季は桜えびが、漁獲可能な水深まで浮上してこないため漁ができません。

春桜えびと秋桜えびの違い

ところで年2回ある桜えびの漁期ですが、春と秋の桜えびには少し違いがあります。

秋の桜えびは産卵後間もないため、形は小さく殻が柔らかいものが多いですが、反面干しえびにしたときの色は少し白っぽくなります。それに対して春の桜えびは形が大きくきれいな色が出る半面、殻が少し硬めになります。

どちらの桜えびもそれぞれ魅力はありますが、大きさや発色の良さから考えると、やはり桜の咲く春の桜えびの方がより桜えびとして旬なのかなと思います。加工して食べる場合、殻の方さは全く気になりません。

ただ、生食する場合、殻の柔らかい秋の桜えびもまた捨てがたいものがあります。

桜えび干しと富士山

本場由比で桜えびを楽しもう

由比の桜えび、でもどこに行ったらいいの? という方のために、由比で桜えびを楽しむことができる場所をいくつか紹介します。

由比漁港

桜えびの水揚げが行われる由比漁港ですが、日中は漁協の直売所や同じく漁協がやっている「浜のかきあげや」などの直売施設があって気軽に桜えびを楽しむことができます。

国道一号線沿いにあり、由比漁港交差点から直接港に入ることができます。

港の中にある程度の駐車スペースもあります(無料)。ただし、イベントなどのときや昼時は、かなり混雑することが予想されます。

海の幸直売所

直売所では、地元以外ではなかなか手に入らない生桜えびのほか、釜揚げ・素干し、沖漬などの桜えびが購入できます。

また、桜えびのほか時期によってはシラスも販売しています。

営業時間は8時から17時。定休日は基本的に毎週月曜日ですが、月曜が祝日の場合はその翌日が休みになるなど、時々月曜以外も休みの日があります。

浜のかきあげや

由比 浜のかきあげや

「浜のかきあげや」は、漁師の奥様方がやっているとのことで、名物桜えびのかき揚げや沖漬けなどを丼(どんぶり)やそば・うどんなどと一緒に召し上がることができます。

名物の桜えびのかき揚げは、とれたての桜えびを惜しげもなく使ったボリュームが人気で、時間によってはかなりの行列ができることも多いです。

営業時間は10時~15時。定休日は直売所と同じ月曜日ですが、桜えびの休漁期間中金・土・日と祝日の営業になります。

桜えび祭り

毎年5月3日に開催されます。

生桜えびや生シラスの無料配布や、「倉沢のアジ」などとしてブランド化されている倉沢定置網から漁獲された鮮魚のチャリティー販売などのイベントがあります。

なお、2014年は桜えび不漁のため祭り自体が中止になってしまいましたが、今年はそのようなことはないはずです。

ゆい桜えび館

由比の町中にできた、大型バスも駐車できるような観光施設です。

国道一号線から旧東海道(県道396号線)に入ると南側にあります。

400席の団体食堂のほか、一般向けの食堂(桜えび茶屋)もあり、それぞれ桜えびのかき揚げなどのメニューを楽しむことができます。

また、桜えびをはじめ様々な水産物などが並ぶショッピングセンターもなかなかの規模です。ここのおすすめは、さまざまなメーカーのものが並んでいる「えびせん」。すべて試食もできるので、とっても楽しいです。結構味の違いがあるものなんですよ。

この施設を作ったのはカクサという由比の削り節メーカーで、敷地内には削り節工場もあって自由に見学ができます。

由比港や由比駅からは少し離れていますが、逆に広い駐車場があるので、車で気兼ねなく訪れることができます。

井筒屋

桜えびかき揚げ

由比の町中にあるお店です。

色々と桜えび料理を食べられる場所を紹介しましたが、本当においしい桜えび料理を食べるならここ、と地元の人も絶賛するお店です。地元の人曰く「浜のかきあげやは人気もあるし素材も確かにいいけど、作ってるのが漁師のおかみさんたちだからね。やっぱり料理人が揚げた天ぷらには敵わないよ」と。

場所は「東海道由比宿おもしろ宿場館」の近くになります。

駅や港からは多少距離はありますが、漁師町+宿場町の雰囲気が色濃く残った由比の街を散策しながら行ってみるのもいいのではないでしょうか。

ただし、お昼過ぎにはとっても混んでいるので、そのつもりで。

 

 

以上、宝石のように輝く桜えびを、ぜひ本場で食べてみてください。本当におすすめですよ。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ