単身引越の金額を出来るだけ安くする方法!!

引越って頻繁に行うものではないからこそ、1回1回の引越を重点的に見ますよね。

特に引越の際に新しいものを買って出費も重なっちゃいます。

出来れば自分たちで出来れば安くすむとも思うのですが、荷物の搬入の際に新居の壁や床に傷がつかないようにするのも大変だと思います。その点引越会社に頼めばしっかりと傷がつかないように搬入してくれるので安心です。

スポンサードリンク

引越するというのは同時に忙しくて大変になると言えます。特に単身だと全部一人でやらなければならないからさらに大変だと思います。

今回はそんな単身引越についてできるだけ安くできる方法をまとめましたのでご紹介させて頂きます。

単身引越の相場

引っ越し

単身引越の平均的な相場は以下の様になっています。

5月から2月の間の時期(通常期)

荷物が少ない場合:約39,000円前後

荷物が多い場合 :約49,000円前後

3月から4月の間の時期(引越業界繁忙期)

荷物が少ない場合:約45,000円前後

荷物が多い場合 :約53,000円前後

単身引越を出来るだけ安くする方法

引越の時期は出費が重なるので出来るだけ安くしたいですよね。

荷物の量や距離によっても料金はだいぶ変わってきます。

荷物は多少減らすこともできますが、距離だけは短くは出来ません。特に長距離だとかなり料金も上がってしまいます。

そんな引越料金を安くする上で重要なのは数多くある引越会社との比較と交渉、そして引越をする時期です。

比較業者比較

引越会社というのはたくさんあります。

CMでやっているような誰もが聞いたことある引越会社もあれば、「え、この会社って引越もやっているんだ!」という様な別の事業と引越を同時に取り扱っている会社もあります。

まずは数多くある引越会社の中から料金やサービスなどを見てリストアップすることです。多すぎても比較が大変になると思いますので5社ぐらいに絞った方が良いでしょう。

ちなみに引越会社の料金を比較することができるサイトもあるのでそういったものを利用するのも便利かと思います。

【参考】引っ越し業者比較サイト



上手な交渉方法

まずは引越の金額の見積もりをしてもらいましょう。この見積もりはリストアップした引越会社全てにやってもらいましょう。

ここで重要なのは1社目に見積もりをしてもらう引越会社には出来るだけ安い料金になるようにしてもらうことです。これをすることによってその後の他社との金額交渉が有利に進みます。

引越会社も競合相手に仕事を取られる前に自社で契約を取りたいものです。こうすることによって黒字が出る範囲内で交渉に応じてくれやすくなるのです。

また、金額を安くしてもらう際に「自分で持っていけそうな荷物は出来るだけ自分で持っていく」、「梱包した荷物の開梱は自分でやる」などといったことを伝えれば多少の値引きにも応じてくれやすくなります。

近距離の場合なら「自分で持っていく」ということはやり易いですからね。

引っ越し

引っ越しの時期

上記の単身引越の相場でも記載したように3月や4月の繁忙期は金額が上がります。この時期は引越会社もとても忙しくなるのです。

忙しすぎて昼間の引越作業が出来ないため、夜中から引越作業を開始するなんていう例もあります。

「仕事の都合で3月や4月にしか引越が出来ない」なんて方もいらっしゃるかと思いますが、引越す時期をある程度選べる方は繁忙期は避けた方が良いでしょう。

ともかく引っ越し料金というのは定価があってないようなもの。繁忙期さえ避ければ、最初に見積りされた額の半額近くまで下がったということも珍しいことではありません。

ぜひしっかり比較・交渉して、お得な引っ越しをしてください。



スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク