福袋2016 傾向とねらい目

すっかりお正月の風物詩となった初売りの福袋。あなたは買ったことはありますか?

一昔前は、値段だけはお得でも昨年の売れ残りを詰めたような印象が強かった福袋ですが、「中身が見える福袋」なんてものが登場してきたころから様子が変わってきたような印象があります。

スポンサードリンク

今では多くのお店が福袋に力を入れており、本当にオシャレでお得なアイテムを安価に手に入れることができる、一年に一回のイベント、という感じになってきていますね。

そんなお得な福袋でもっとお得になっちゃおうということで、福袋の傾向とお得な裏技について調べてみました。

百貨店(デパート)の福袋

お正月

福袋というとやはり百貨店が話題になりますよね。いろいろなアイディア福袋で話題作りをしています。

2015年の傾向について、ちょっと見てみましょう。

「男を磨け!『壁ドン』夢袋」(小田急百貨店)

今年話題になった「壁ドン」。小田急百貨店はこの「壁ドン」の似合う“大人の男”を目指し、チーフ・タイピンなどの小物や香水・マウスウォッシュなどをセットにした福袋を売り出すそう。もちろん男性向けです。

なお、女性向けには『星降る夜の夢袋』と題して、やはり最近ブームの天体観測女子のための防寒グッズやキャンプ場の宿泊券をセットにした福袋を用意しているそうです。

「頑張るあなたに ご褒美いいじゃないの〜! 上質アイテム欲張り福袋」(銀座松屋)

一方で銀座松屋は、今年流行した日本エレキテル連合のギャグをもとにした福袋を用意。カシミヤのコートやミンクのマフラーなどが入った豪華版になっているとのこと。

ブランド専門店の福袋

百貨店と並んでアツいのが、さまざまなファッションブランドが用意する福袋。セシルマクビー、ルピシア、ジェラートピケなど人気のブランドがそろって福袋を用意します。

なお、これらのブランドの福袋の中身は、多くが買った人によってネットで公開されているので、参考になると思います。

その他、子供服ブランドの福袋も人気が高いようです。

福袋購入の注意点

不良在庫(年落ち商品)をつかまされる可能性

扇子

世の中、福袋ブームでどんな福袋でもお得なイメージがあるかもしれませんが、ちょっと待った!! 実は、楽天やYahoo!ショッピングなどのネット販売されている福袋の中には、在庫処分を見込んだものも少なくないようです。

なお、ファッション関係は比較的良心的。というのも、ファッション業界は福袋などの初売りが売り上げの中で大きな比重を占めているので、福袋のために製品を作ったりしているからです。

それに対して、有名なコスメブランドやスポーツブランドを扱うネットショップの中には、年落ち商品の処分のために福袋を使っているところもまだ多いといいます。

もちろん、わかっていて購入するのはいいですが、ファッションブランドの福袋とはちょっと性格が違うことは覚えていたほうがいいと思います。

並ぶのは大変!! ブランドによってはネット通販を活用すべし

もちろん、並んででしか購入できない福袋も多いですが、ファッションブランドの中には店頭で並んでも通販でも福袋の内容は同じところも少なくはありません。

そのため、ぜひ手に入れたいブランドでしたら、そのお店のWeb Siteをよく見て、通販で購入してしまうのも手です。

ただし、福袋に関してはクレジットカード決済に限るという店が多いので、カードを使いたくない方は少し大変かもしれませんが…。

年々厳しくなる争奪戦

最近は福袋を転売目的に買う人も増えてきているようです。たぶん来年正月も、ヤフオクなどで多くの福袋が売られていることでしょう。

また、中国人による買い占めも報告されているようです。

2016年福袋の傾向とねらい目

お正月

外国人向け福袋

日本の福袋の習慣は海外でも知られるようになってきて、最近ではわざわざ初売りに並ぶ外国人の姿も多くなってきているそうです。

そのため、外国人向けに日本の伝統製品などを詰めた福袋が用意されるようになってきているそうです。

別に日本人でも購入することは可能なので、ちょっと目新しい福袋として面白いかもしれませんね。

デパ地下の福袋

意外に通の人が狙っているのが、デパートの食料品(デパ地下)の福袋。ファッションと違って外れがない人などが人気の秘密のようです。

また、デパートによっては、普段食料品の安売りはしないので、福袋だけが安く買えるチャンスであり、お得なのだそうです。

狙いを定めて対策を練ることが必要

人気のお店の福袋は、年々争奪戦が厳しくなることが予想されます。何だか世知辛い世の中になったものですが、計画を立てればお気に入りの福袋を手にする可能性も高まるはず。ショップのWeb Pageを中心に少し情報収集を心がけてくださいね。



スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク