送別会 上司が感動するメッセージカードの書き方は? 文例付

春は出会いと別れの季節。職場でも退職される方がいらっしゃるのではないでしょうか?

お世話になった上司へプレゼントのほかにメッセージカードを送ってみてはいかがでしょうか?

今回は上司へのメッセージカードの書き方のコツや文例などをご紹介します。

スポンサードリンク

メッセージカードの書き方

メッセージ

上司宛のメッセージですので、失礼にならない内容、文面を心がけることが大切です。

敬語の間違いに注意し、上司への尊敬を加えた文面にすると相手に伝わりやすいです。

内容は、今までお世話になったことへの感謝の気持ちや、退職後の体調を気遣ったメッセージが良いのではないでしょうか。

また、職場での具体的なエピソードを加えてみるのもお勧めです。

 

【参考】こんなサービスもあります【上司への感謝の手紙】

感動させるメッセージとは?

相手を感動させるには、職場でその方に助けられたことや、お世話になったエピソードを具体的に書くことが大切です。

あなたにとって上司がどんな存在であったのか、また職場にとってどんな存在であったのかを感謝の気持ちと一緒に綴ってみてはいかがでしょうか。

また、メッセージは手書きのほうが気持ちが伝わるものです。できれば丁寧な手書きのメッセージを作成してみてください。

メッセージカードの文例

お別れ

どうしてもメッセージが思いつかない!という方のために、メッセージの文例をご紹介します。こちらの文例を参考にしたり、組み合わせて自分なりのメッセージを作ってくださいね。

文例1

〇〇の仕事では、一緒のグループで働くことができ、〇〇さんのチームをまとめる力がとても勉強になりました。私も〇〇さんのようになりたいです。

文例2

お疲れ様でした 。これからも素敵な人生を歩まれることをお祈りしております。
本当に長い間お疲れ様でした。これからは第二の人生を満喫して下さい。

文例3

仕事に失敗したときは、落ち込んでいた私を励ましていただいて本当に感謝しています。〇〇さんがいなかったら、仕事を辞めていたと思います。

文例4

今まで大変お世話になりました。今後も変わらないご指導をお願い致します。健康にお気をつけて、お元気でご活躍ください。

メッセージカード

 

今回は上司へのメッセージカードの書き方をご紹介しました。

文例なども参考にしていただきたいですが、一番大切なのは自分の素直な気持ちを伝えることです。

今までの思い出を振り返り、正直な気持ちを綴ってみてください。

きっと相手が感動するメッセージが作れると思いますよ。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ