博多どんたく2016 歴史と見どころ、混雑状況

ゴールデンウィークはいつもと変わらずのんびりしようかな、と思っていませんか?

今年はちょっと変わってお祭りに参加しませんか。

祭りって夏なんじゃないの?という方もいるでしょうが、福岡県で一番盛り上がる「博多どんたく」というお祭りがあるんです。

ご紹介いたしますので、ぜひご検討ください。

 

スポンサードリンク

博多どんたくの歴史と見どころ

博多どんたくとは?

博多どんたく パレード

まず博多どんたくとはなんぞや?から始めましょう。

博多の商人が、領主に対して年賀の挨拶として松囃子をしたのが始まりです。なお、松囃子とは年始の挨拶に人々が身分関係なく着飾り祝辞や唄や踊りでお祝いすることで、各地にあります。

博多どんたくの歴史

博多どんたくの歴史は、安土桃山時代の記録が最古といわれています。その後、戦時中一時中断しましたが、現在まで続いているお祭りです。

ところが明治になり政府から禁止されます。派手な行事は控えなさいという理由です。

しかし国のための行事なら派手に祝っても良いだろう、ということで年に一度の無礼講として復活しました。

なお、博多どんたくの語源は、オランダ語で休日という意味の「ゾンタ―ク」です。クイズ番組で出てくるので覚えておくと自慢できますね。

博多どんたくの見どころは?

パレード

博多どんたくの見どころはパレードです。

【動画】博多どんたく 2014 ダイジェスト

まずは福神、恵比須、大黒という三福神と稚児を先頭にパレードをします。

そしてトラックに電飾を施した花自動車が続きます。

さらにどんたく隊と呼ばれダンスなどいろいろな演舞を披露する各パフォーマンスグループが通ります。

どんたく隊って言っても素人さんばっかりでしょう?と思ってませんか。いえいえ、各界の有名人も参加しているんですよ。

なんといっても驚きなのが東京ディズニーパレードです。ミッキーミニーが福岡で見られるんです!盛り上がりますのでお子様連れは特に見てください。

総おどり

博多どんたく 総おどり

最終日の夜にフィナーレとして総おどりがあります。

総おどりは飛び入り参加OKです。しゃもじが配られているので、そのしゃもじを叩きながら踊ります。

またパレードばかりではなく福岡市内に設置された演舞台のダンス発表や屋台もたくさんあります。

パワフルなお祭りなので、行けばきっと元気をもらえるでしょう。ぜひ今年のゴールデンウィークにチャレンジしてみてください。

博多どんたくを見に行くには

博多どんたくの日程は5/3、5/4と毎年固定です。しかし5/2に前夜祭があるのでそこから参加してもよいですね。

福岡市内一帯、博多駅中心で行います。

アクセスは、大通りがパレード用に封鎖されて交通規制されますので、公共交通機関での移動がベストでしょう。

パレードは明治通りの西側を出発し、福岡市役所までの約1キロ程の道のりです。

パレード用に封鎖された大通りを沿道から見るという形になります。

混雑時の博多どんたくの人出は約200万人と言われています。

ゴールデンウィークということでものすごい混雑ですが、それでも行きたくなるとってもパワフルなお祭りなのです。

ぜひ今年は見に行ってみてください。

 

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ