キルティング素材は秋冬コーデに大活躍

キルティング素材とは

秋冬には、キルティングが大活躍します。

キルティング生地とは、表と裏2枚の布の間に綿などの芯を入れ、模様が浮き出るように縫った布地です。軽いうえにあたたかいので、防寒対策として、とても優秀な素材です。

また、キルティングはイギリスの有名な老舗高級ブランドからも毎年新しいモデルが発売されるなど、とても人気もありますし、品のある素材でもあります。

スポンサードリンク

キルティングコートの魅力

ウールのコートは重すぎて、体に負担がかかってしまうという人には、キルティングのコートがおすすめです。

キルティングジャケットの場合は、ボトムスはわりとひらひらとしたスカートなどを合わせえて、かわいく女性らしくまとめることができます。また、一方で、膝丈まであるキルティングコートを着る場合は、ボトムスはスキニーパンツをあわせて、すっきりとまとめるとかっこいいコーディネートになります。さらに、ブーツインしてまとめれば、トラディショナルでクールなマニッシュスタイルにもなります。
最近ではオックスフォードシューズやレースアップシューズがはやっていますから、そういった靴も合わせると、よりマニッシュ感もあっぷします。

キルティング黒

キルティングバッグのコーデ

キルティングは、バッグとして取り入れることもできます。

ジャケットと同じようにとても軽いので、普段バッグが重くて困っている人には最適です。キルティングだからといって、カジュアルになりすぎることなくまとめることも可能です。

キルティングをバッグで持つ場合には、コートはウールのものを選ぶとバランスが良いです。冬はブラックやネイビーなどの色のコートを選ぶ人が多いので、真っ赤なキルティングバッグを合わせると、ポイントづかいができて、コーディネートにメリハリを出すことができます。

ウールコートとキルティングバッグの組み合わせは、ブリティッシュテイストのトラディショナルファッションとしておすすめです。ひとつ、明るい色のキルティングバッグをもっていると、冬の暗い色一色のコーディネートのときに使いやすいので、とても重宝します。

キルティングは、見た目にもほっこりと暖かい印象があるので、秋冬のどんなファッションにもとてもよくあいます。この秋冬、あなたのお気に入りの一品を見つけて、寒い時期のおしゃれを楽しんでみませんか?



スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク